【久保建英】18歳、日本の至宝【レアルマドリード】


18歳になった久保建英、天才といわれる男の裏側に見えてくるのは挫折と努力。


令和元年 六月四日。久保建英選手が十八歳を迎えた。

この若さですでに、日本サッカーのトップオブトップであるJリーグでその才能を遺憾なく発揮。第14節までの試合で4得点3アシスト。試合中のチャンスクリエイト数も高く、首位を走るFC東京の中軸といって間違いない。

今月に開催されるコパアメリカにも日本代表として招集が決まっている。

開花した才能に限りは見えない。

いや、もしかしたらまだ花開いていない蕾でこの才能なのかもしれない。




サッカー好きならほとんどだれもが思うだろう。

久保建英は天才なのだ。と。

確かにその言葉なら、彼を形容するのはいかにも簡単だ。

しかし、その言葉が久保建英の本質だろうか?

今回は久保建英ファンの一個人として、彼の本質に迫ってみようと思う。

ワンダフルボーイ

今期Jリーグ、前年王者川崎フロンターレとの重要な開幕戦で、久保建英は堂々とスタメンを勝ち取った。その後、怪我での欠場と遠征帰りの2試合を除けばすべて頭から出場している。間違いなく不動のレギュラーである。

ひとたび試合に出場すれば魔法をかけたようなパスとシュートで大いに魅せ、彼のプレーに魅了される人が多くなるのと比例するように、TV、ラジオ、雑誌、YOUTUBEやブログなど、数多の媒体にも取り上げられるようになった。

そしてその勢いのまま、十七歳という若さで日本代表選出。まさに、ワンダフルボーイ。

十八歳という若さと、あどけなさも残るその顔立ち。彼は苦労一つなく日本サッカー界の山頂まで駆け上がってきた….のだと一瞬、錯覚する。

だが、それは事実ではない。

雨ニモマケズ

久保建英選手は選手生命で二回、試合に出れない日々を過ごしたことがある。

一回目はスペインで。

バルセロナが国際移籍で原則禁止されている18歳未満の外国人選手を獲得していたことが問題となり、同時に久保選手も公式戦に出場できなくなったのである。(当時久保選手はFCバルセロナ ユースに所属、出場できなかったのは13~14歳ごろ)

当時のことを久保選手はこう語っている


試合に出られないのに遠征について行って、チームメートは出ていて、当然、試合には勝っていくわけで。そういうのを見ると素直に喜べない自分もいました。

出典:「世界のどこであっても、必要とされる選手になりたい」久保建英が語る過去、現在、未来【前編】

苦悩を感じさせる一文である。

ただ、この場合ピッチに立てなかったのは、久保選手自身の問題ではない。あくまで外的要因。雨のようにコントロールが不可能なものに巻き込まれて、試合に出れなくなったわけだ。

そして、そういったとき人にできることは多くはない。

雨が降りやむのを待つか、あるいはその場所を遠く離れるか。

しかして彼の決断は、その場を離れることであった。



帰国、そして

日本に帰国してからJ1、FC東京のトップチームに正式登録されるまではまさしく日の出の勢いだった。トップチームに上がるまでの経緯は、以下に箇条書きする。

  • 2015年3月、FC東京U15に入団。
  • 2016年、飛び級でFC東京U18に昇格。
  • 2016年9月、FC東京のトップチームに二種登録される。(当時15歳)
  • 2016年11月、j3に出場。Jリーグ史上最年少出場記録を更新。
  • 2017年11月、FC東京とプロ契約。同月、J1第33節でJ1デビュー。

燦燦、赫赫とした経歴である。

当時から事あるごとにニュースで久保選手を追いかけていた筆者は

「あぁ、この勢いのまま、J1でも大活躍を見せるのだな」と、思っていた。

しかし結果として、破竹の勢いはここで止まる。



初めての挫折

2018年は、久保建英選手にとっては苦難の年になる。

J1開幕戦 に途中出場を果たしたものの、その後出場機会が減少。ついには、ベンチ入りの機会すら得られないようになる。


当時の自分が東京に残って、序列を覆すのは正直難しかったと思います。

出典:「世界のどこであっても、必要とされる選手になりたい」久保建英が語る過去、現在、未来【前編】

試合に出れない時期が続くと、彼は長谷川監督に直談判して移籍をすることになる。その行動に至るまでのプロセスは想像するしかないが、行動に移したという結果だけ見ても、彼の覚悟の大きさを感じることができる。

その後、移籍先の横浜マリノスで試合に出場していたものの、大活躍した。とは言い難かったように思う。少なくとも筆者は、そう感じていた。

確かに神戸戦ではイニエスタの前で一点を決めた。結果を出している。

だが、他の出場した試合では、相手を背負ってのプレーなど、フィジカルコンタクトが必要となる場面で当たり負けしていたし、体力面もまだまだ不安があるようにみえた。

「伸び悩んでいるなぁ」

凡人である私はそんな風に思っていた。

シンパシー

当時私は、16歳としては良くやっているなと、上から目線で考えていた。これでも充分すごいな、と。要するに心のどこかでなめていたのである。

自分が16歳だったとき、高校で部活のレギュラーに選ばれず、当たり前にベンチを温めていたことを思い出す。諦め、諦念、諦観。こんなもんだろうな、という納得。

そうした個人の経験を、久保選手に重ねながら見ていたわけである。

だが勿論、私の見てきたものは、彼の見ているものではない。

男子三日会わざれば刮目して見よ

2019年の開幕戦。

久保選手がスタメンにその名を連ねていた。

試合が始まるまで正直なところ期待半分、不安半分だった。

きらめくプレーがみたいな。という気持ちと、今年もあまり通用しないかもな。という気持ちの半分ずつ。

そんな中途半端な気持ちで見始めたからこそ、驚愕した。



…フィジカルが強い。体の預け方も上手い。

…常にルックアップしている。だからスペースを上手く使う。

…球離れがいい。ワンタッチで精度のいいパスを出す。

想像をはるか超えるプレーに瞠目した。こりゃとんでもないぞ、と。

ピッチで相対した川崎の車屋選手もこう語っている。


これまでJリーグでたくさんいい選手と試合をしてきたが、間違いなくトップレベルの技術力をもった選手だと思うし、回りの動きを見ながらもしっかりとプレーできていたので、それは本当に凄いなと思う

出典:川崎のSB車屋も久保を称賛「間違いなくトップレベルの技術力をもった選手」

マッチアップした選手がそういうならば間違いないのだろう。

結果、スコアレスドローだったが、その試合内容は充実したものだった。

久保選手のあまりのプレーのうまさに筆者は一種の感動を抱いていた。

彼ならばいつかこのレベルに到達するだろうとは思っていたのだ。

驚いたのは、それがこんなにも早く訪れたということだった、短期間で肉体的にも精神的にも、はるかに成長していた。

昨シーズンの苦い経験を無駄にせず、課題を見つけ、その課題を乗り越えるために適切な努力をしたのだということが、プレーにはっきりと表れていた。

男子三日会わざれば…そんな言葉が頭をよぎる。

同時にこの感動が、予想の裏切り…良い意味での…からきているのだと、腑に落ちた。



日本の至宝、久保建英

大げさかもしれないが、久保建英は今までの日本人サッカー選手とは一線を画する存在だと確信している。

まだ年齢が若くこのプレーをするんだから、これからのことも考えて期待値が大きいよね、とか。天から与えられた身体的な才能が素晴らしいから…すなわち天才だから。ということではない

サッカー選手である以前。

久保建英という人間の持つマインドが最高であるから確信できるのだ

才能を車に例えるなら、彼はスーパーカーに乗っている。

それは確かに一流のサッカー選手になるために必要な資格だろう。

だが本当に素晴らしいのはそれを乗りこなす久保建英という人間がスーパーであること。

正しい地図を持ち、失敗や困難があっても、諦めず、軌道修正出来る。

頭の良さ、卓越したマインドこそが久保建英を久保建英たらしめているのだ。

そして、だからこそ私は、彼を本気で応援したいと思えるのだろう。

凡人はかく語りき

久保選手は小説をよく読むそうである。

その好きな小説家の中に東野圭吾さんの名前があって、何とも言えぬ親近感がわいた。

手の届かない世界にいる久保建英が、それでも確かに、今の日本を生きる人間だということを実感したからだ。

この本も、もしかしたら久保選手も読んだのかもな。だったら嬉しいな

凡人である私はそんな風に心躍らせながら、東野圭吾の小説を読み始める。


追記:2019年6月14日、久保選手のレアル移籍が決まりました!ヤッター!!



こんな記事もおすすめ

【戸田和幸】プロフェッショナルな解説者【わかりやすい】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です